内側から綺麗になろう

・注目されつつある「インナービューティー」

コスメなどで外側からケアするのはもちろんですが、体によい栄養素を取り入れて、内側から美しくなろうという美容法を活用している女性が増えてきています。

現在の体や肌の状態は、すべて口にしている食べ物からできているといっても過言ではありません。
また、体内に老廃物が溜まっていると、体の代謝を低下させ、肌荒れや肥満の原因になってしまいますので、お通じをよくしておくということも大切です。

特に女性は便秘気味の人が多いといわれており、日頃から便秘解消にさまざまな工夫をしている人が多いと思われます。
ここで、お通じをよくして老廃物を排出しやすくしてくれる食材やメニューをいくつかご紹介しましょう。

・水分と食物繊維、そして発酵食品

お通じをスムーズにするには、水分と食物繊維が代表的です。
加えて最近注目されているのが発酵食品で、比較的手軽に取り入れることができることから人気があります。

水分と食物繊維を一緒に取り入れることができるものとしておすすめなのが「スムージー」です。
野菜や果物を水またはジュースと一緒にミキサーにかけ、それをごくっと飲むのですが、時間がない朝もミキサーにかけて飲むだけなので継続しやすい上に、続けることで確かな効果が期待できます。

芸能人の方で、グリーンスムージーを飲み続けて5kg以上の減量に成功したという人もいるようですので、これはぜひ取り入れたいですね。

よく作られているレシピとしては、小松菜1~2株にりんごもしくはりんごジュース、そしてバナナ1本を加えたスムージー。
そのほか、トマトとホーリーバジルを合わせたものや、キウイやりんご、ケールのレシピも人気があります。

発酵食品は、腸の働きを整えてくれる万能食材。
代表的なものとしてはキムチや納豆、甘酒、塩麹などが挙げられます。
そのほか、味噌や醤油も発酵食品です。

キムチや納豆はそのまま食べればOKですが、塩麹などはいろいろな料理に取り入れることができます。
鶏肉につけて唐揚げにしたり、豚肉と和えて炒めものにすると、酵素の力で肉が柔らかくなる上に、うまみが出てとてもおいしいです。

ただ、酵素は高い熱を加えると菌が死滅していってしまうといわれていますので、あまり高温で調理しないほうがよいのだとか。
加熱をする際には50℃以下が望ましいといわわれていますので、味噌汁を作るときも沸騰したお湯ではなく、少し冷ましたところに味噌を溶かし入れるとよいようです。